切削による小型ケースの精密加工、5軸加工機を活用し隅Rを最小化

切削による小型ケースの精密加工、5軸加工機を活用し隅Rを最小化
  • 材 質:

    A5052

  • サイズ:

    40x40x41mm

  • 精 度:

    ±0.05mm

  • 個 数:

    10個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • ワンチャック加工で高精度を実現
  • 斜め加工により隅Rを最小化
  • 厚さ1㎜、深さ35㎜の薄壁加工
  • ビビリの少ない綺麗な仕上がり

内容

アルミ製小型ケースの加工事例をご紹介します。
外側は何の変哲もないケースですが、内側は複雑な凹凸の形状となっております。

側面は厚さ1㎜の薄壁形状で、深さは35㎜、小さな窓の加工もあります。
3軸加工機であれば、Rの大きさなど図面通りに加工できない部分がありますが、今回は5軸加工機を活用することにより、ご希望通りの形状、寸法を実現しております。

内側の底面および側面に窓を含んだ複雑な形状があり、かつ、面を跨いだ位置関係にも公差が定義されておりました。
複数の面をワンチャックで加工することにより、公差をクリアしております。

底面、側面に凹凸があり、上からの加工だけでは様々な個所に隅Rが付いてしまいます。
そこで、斜めから、細い工具での加工を追加し、隅Rを小さくすることに成功しました。(上からの加工でR2のところ、斜めからの加工を追加することにより、R0.1~0.2となりました。)

ケースの側面は厚さ1㎜、深さ35mmの薄壁で四方を囲んだ形状です。
加工に使う工具は小径で突き出しが長くなるため、ビビりの発生が懸念されましたが、加工条件を工夫することにより、綺麗に仕上げることができました。

担当者のコメント

5軸加工機は柔軟性の高い工作機械ですが、何でもできる魔法の箱ではありません。 斜めから加工をすれば、3軸の加工では生じない様々な現象が起きます。顕在化した課題を一つずつ解決しながら、「加工時間の短縮」と「綺麗な仕上がり」の両立を追及しています。

当社は試作を中心とした少量多品種の加工をメインとしており、20万件を超える製作実績があります。これまで培った経験を活かし、常に最適な方法を考え、加工しております。

今回の事例で使用した5軸加工機は外段取りができるパレットを搭載しているので、24時間連続加工により、多数個の製作にも対応可能です。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら