微細加工用3次元CAMで面精度1.6Sと寸法公差±0.01のスロープ形状を加工

微細加工用3次元CAMで面精度1.6Sと寸法公差±0.01のスロープ形状を加工
  • 材 質:

    S50C

  • 板 厚:

    18.5mm

  • サイズ:

    23×18.5×22.4mm

  • 精 度:

    ±0.01mm

  • 個 数:

    4個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • 微細加工用3次元CAM
  • 高精度ミル加工
  • 小径ロングエンドミル加工(焼きばめチャック)

内容

カーブの有るスロープ形状(2㎜×20㎜)が数段あり、スロープと4mmの立ち壁の底は谷R0.1mmとなっています。
また、スロープは面精度1.6Sの指示があり、円弧やピッチの公差は±0.01の指示でした。
今回は、細かなパスが滑らかに動く微細加工用CAMと、高精度マシニングセンターを利用し、面精度・寸法公差に特に注意して加工をしました。

また、スロープと立ち壁の底(谷R0.1高さ4mm)の加工には、小径ロングエンドミルを使用しました。細長く弱い工具なので、仕上がり面のビレや工具の折損等の問題を考慮し、工具振れの少ない焼きばめチャックを使用し慎重に加工しました。

22-2

面精度1.6Sの指示があるスロープです。 スロープの底は谷R0.1mmで、 図左の立ち壁は高さ4mmです。

22-3

円弧やピッチの公差は±0.01です。

担当者のコメント

3次元形状で谷Rが小さい製品を当社ではよく加工しています。 この様な加工で重要なのは機械精度と正確な工具経路、さらに最適な加工条件が不可欠です。
小径ロングエンドミルの場合、特に工具経路が重要になります。今回使用した微細加工用CAMは細かい動きもしっかり出力され、緩やかなアプローチで無理の無い工具経路を算出できます。
当社では、設備、ソフト、工具、環境をバランスよく整備する事により、高精度・微細加工を実現しています。是非、ご相談下さい。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら