複合旋盤とマシニングセンターをフル活用
小径ロングエンドミルΦ0.5×12で深さ12mmの溝加工

複合旋盤とマシニングセンターをフル活用<br />小径ロングエンドミルΦ0.5×12で深さ12mmの溝加工
  • 材 質:

    A7075

  • サイズ:

    Φ30×39mm

  • 精 度:

    ±0.1mm

  • 個 数:

    6個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • 工具径に対して長さ24倍の小径ロングエンドミルを使用
  • 高精度マシニングセンターと複合旋盤による複合加工
  • マシニング加工用の専用治具の製作

内容

内径部に溝幅0.52㎜深さ12㎜の形状があります。
溝幅に対して24倍の深さなので、エンドミルもそれに伴い細長いものが必要です。切り込みや加工速度と工具の振れを工夫し、刃物が折れない条件で加工をしました。

最初に複合旋盤で、旋削加工、正面からドリル加工とミル加工、上面からタップ加工と一工程で多面を加工し、次に高精度マシニングセンターで背面加工と深溝加工をしました。
マシニングセンターで加工する際、前工程である複合旋盤との位置・角度合わせが必要になります。丸物をセットするには角度合わせが特に重要で、短い段取り時間で高精度なセットを可能にする、専用治具を製作し加工をしました。

23-2

溝幅0.52㎜の深さ12㎜

担当者のコメント

今回の製品で一番のポイントは深溝の加工で、Φ0.5×12という細長いエンドミルを使用したことです。
弱く、折れ易い刃物ですが、高精度マシニングセンターを利用する事により、振れを抑えキレイな面に仕上げる事ができました。
このように高精度マシニングセンターは、ピッチ精度以外にも高いポテンシャルを持つ機械なので、細く長い工具も得意とし、より複雑で細かい加工も実現しています。

また、複合旋盤を利用したことにより、多面加工を1工程で行うことができ、工程が減り、高精度な仕上がりと時間短縮を実現することができました。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら