難削材64チタンの溝旋削や3Dミル加工、一連の工程を一台で行い納期短縮を実現

難削材64チタンの溝旋削や3Dミル加工、一連の工程を一台で行い納期短縮を実現
  • 材 質:

    64チタン

  • サイズ:

    Φ20×106mm

  • 精 度:

    ±0.03mm

  • 個 数:

    15本

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • 64チタンの加工
  • 複合旋盤での加工
  • 多面ミル加工

内容

64チタンは一般的に難削材と言われています。加工する際にチッピングや切れ刃の欠損、工具磨耗などの問題が発生しやすい材料です。
熱伝導率が小さい64チタンは、工具に切削熱が蓄積しやすく、これも工具を磨耗させやすい原因の一つです。
磨耗した工具での加工は、仕上がり面や仕上がり寸法の精度を落とす原因になります。その上、加工そのものにも、より多くの時間がかかってしまいます。
今回は複合旋盤を利用し、旋削にて外形加工、溝加工、内径と外形ネジ切り加工を行い、ミル主軸にて上面CAMミル加工、斜めミル加工と複合旋盤の機能をフル活用しました。

26-2

上面CAMミル加工

担当者のコメント

64チタン加工ということで工具磨耗を考慮し、粗取り用・中仕上げ用・仕上げ用と使い分けるだけでなく、加工速度も厳密に調節し、安定した加工を行うことができました。
また、複合旋盤を利用した事により工程の短縮をはかることができ、結果として時間短縮に繋がり、スムーズにお客様の要求通りに納品する事ができました。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら