ワイヤーカットとマシニングの複合加工で、モジュール0.2の平歯車を製作

ワイヤーカットとマシニングの複合加工で、モジュール0.2の平歯車を製作
  • 材 質:

    SUS303

  • サイズ:

    14×4×4mm

  • 精 度:

    ±0.03mm

  • 個 数:

    2個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • ワイヤー線径φ0.1mmのワイヤー放電加工機での加工
  • 歯車の谷底R0.1
  • 複合加工

内容

複雑な形状の製品で、マシニングセンターとワイヤー放電加工機の複合加工を行いました。今回の製品は、一部分だけ歯車の形状で、且つ小さい部品だった為、加工は複数の工程に亘るものでした。
モジュール0.2の平歯車で、さらに歯車の歯谷底はR0.1しかなく、マシニングセンターではφ0.2mmの刃物が必要となり、難易度や時間的にもコストが高くなってしまいます。そこで今回は線径φ0.1mmのワイヤーで切断しました。

最後の切り落とし時にワイヤー線が外周からはみ出してしまうと、切断途中で押さえ代から製品が落ちてしまうため、切断方法を工夫しています。

6-2

モジュール0.2の平歯車の寸法図

担当者のコメント

今回の製品のように、刃物では削ることが難しい小さいRを含む製品の加工も、数多く手掛けております。
マシニングセンターで加工が難しい箇所は、高精度マシニングセンターや、ワイヤー放電加工機を用いて加工をしています。
加工箇所によって機械を使い分け、加工者同士が密に打ち合わせをすることで、より高精度な製品を効率よく製作することができます。

また弊社では、微細で高精度な製品を加工する恒温工場を併設しております。 温度管理の行き届いた環境で加工をすることにより、高精度な加工が実現できています。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら