板金プレス・切削の複合部品、部分板厚0.05㎜公差+0.015を
最新の機械で実現

板金プレス・切削の複合部品、部分板厚0.05㎜公差+0.015を<br />最新の機械で実現
  • 材 質:

    A5052

  • 板 厚:

    1.5mm

  • サイズ:

    60×30×20mm

  • 精 度:

    0~+0.015mm

  • 個 数:

    300個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • 部分板厚0.05mm 公差0~+0.015mm
  • 恒温工場で精度安定
  • プレスと切削の複合部品

内容

板厚1.5mmの板金プレス部品ですが、溝幅0.2mm板厚残り0.05mm 公差0~+0.015mmの箇所が有り、プレス型製作での対応が困難でした。
そのため、部分的に高精度マシニングセンタで加工しました。

また、板厚残り0.05mm 公差0~+0.015mmの寸法を確保する為に恒温工場で加工を行っており、 朝から晩、日をまたいでも安定した品質で加工しています。

外形は重ねてカットできる特性を生かしワイヤーにて実施、このため安価で早く仕上がります。
曲げ加工は社内で製作した型で、複雑なねじれた曲げをしています。

31-2

ねじり曲げ

担当者のコメント

この部品には、溝幅0.2mm板厚残り0.05mm 公差0~+0.015mmの精密指示箇所があります。
MC加工部で公差幅が小さく残り板厚も薄い為、数年前までは苦労しておりましたが、2014年に導入しました高精度マシニング+恒温工場で今ではスムーズに加工しています。

高精度マシニングは主軸回転数60,000回転も可能なので小径エンドミルも最適条件で加工できます。
寸法不良や確認作業が大幅に削減できた為、精度も納期も、お客様のご要望にお応えすることができました。
当社は、曲げ部門と切削部門がある為、より自由な加工方法を提案致します。ぜひご相談ください。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら