高反射材A1050の板厚0.3mmにφ0.15の穴をレーザー加工

高反射材A1050の板厚0.3mmにφ0.15の穴をレーザー加工
  • 材 質:

    A1050

  • 板 厚:

    0.3mm

  • サイズ:

    5×5mm

  • 精 度:

    ±0.01mm

  • 個 数:

    30個

  • 納 期:

    2日

ポイント

  • 板厚0.3mmの純アルミをレーザー加工
  • バリ、歪みの少ない仕上り
  • φ0.15の穴をレーザー加工
  • 穴ピッチ精度±0.01

内容

今回は、純アルミの薄板の加工のご依頼を頂きました。
製品サイズ5×5mm、板厚0.3mmの材質A1050に、φ0.15の穴が9ヶ開いています。
こちらの穴は、レーザーで加工しています。

CO2レーザーで、純アルミや銅等の高反射材を切断する際には、スミを塗って加工しなければなりません。
また、集光径が大きいため、φ0.15の穴の切断が不可能です。
そこで、当社では集光径が小さいファイバーレーザーで加工をしました。

1個切断するのにかかる時間は1分未満と非常にハイスピードで加工が可能です。
また、ファイバーレーザーは熱が入りにくいため、バリや歪みが少なく仕上がるのが特徴です。

φ0.15の穴ピッチには、±0.02の公差指示がありましたが、実際に加工した製品を測定したところ、±0.01と高精度で完成していました。
室温を23°±1℃と管理されている恒温工場で加工をしている為、安定した環境で、高精度な加工を実現しています。

34-2

穴ピッチ精度±0.01

担当者のコメント

銅や純アルミ等の高反射材は、レーザーの光を反射してしまうためCO2レーザーでは切断できませんが、ファイバーレーザーでは、高反射材の切断が可能です。
板厚が薄いものでも高精度に仕上げることができ、切断スピードも速いため、納期短縮やコスト削減にもつながっています。

薄板や小さい製品の切断、精度等でお悩みの際は、是非当社にご相談ください。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら