高反射材をレーザー切断、複雑形状の製品にも短納期対応

高反射材をレーザー切断、複雑形状の製品にも短納期対応
  • 材 質:

    C1100

  • 板 厚:

    1.2mm

  • サイズ:

    60×60mm

  • 精 度:

    ±0.05mm

  • 個 数:

    100個

  • 納 期:

    5日(成形込み)

ポイント

  • 高反射材の銅板をファイバーレーザーで切断
  • 複雑形状の高速切断
  • 銅t0.1~4.0mmまで加工可能

内容

写真の製品は、ファイバーレーザー加工機で切断しています。
今まで使用していた炭酸ガス(CO2)レーザーでは、レーザーの光を反射してしまうため、銅や純アルミ等の高反射材は切断できませんでした。
そのため、金型を使用してパンチで加工するか、加工時間の掛かるワイヤーカットで切断をしなければなりませんでした。

当社が11月中旬に導入したファイバーレーザー加工機では、C1100やC1020、A1100等の高反射材の切断が可能です。
ワイヤーで切断していた複雑形状の高反射材も、レーザー加工で切断できるようになり、時間とコストを削減できるようになりました。

銅板は板厚t0.1~4.0mmまで加工可能です。
以前に比べて切断スピードもあがり、より短納期での加工が可能となりました。

38-2-

ファイバーレーザーで加工
左 : C1100 / 右 : C2680

担当者のコメント

現在保有している薄板専用のファイバーレーザーに加えて、t4.0まで切断可能なレーザーを導入したことで、高反射材の加工の幅が広がりました。
今回導入したファイバーレーザー加工機は非常に加工スピードが速く、炭酸ガスレーザーで加工していた時と比べると約3~5倍のスピードで切断できます。
また、ワイヤーカットでしか切断できなかった複雑形状の製品ブランクも、ファイバーレーザーで加工することで、低コスト、短納期での加工が可能になりました。

今回の製品はC1100ですが、他にもりん青銅や真鍮、純アルミ等も加工可能ですので、是非当社にご相談ください。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら