ステンレスバネ材の難曲げ加工、逃げを考慮した型でハンドメイド

ステンレスバネ材の難曲げ加工、逃げを考慮した型でハンドメイド
  • 材 質:

    SUS304CSP-1/2H

  • 板 厚:

    0.3mm

  • サイズ:

    9×12×15mm

  • 精 度:

    ±0.05mm

  • 個 数:

    35個

  • 納 期:

    14日

ポイント

  • バネ材の難曲げ
  • 曲げ順の工夫
  • 逃がしを考慮した型設計
  • 社内製作型15セット使用

内容

バネ材は、一般的なステンレスよりもスプリングバック量が多く、曲げ加工の難易度が高い材料です。
今回の製品の複雑な丸め曲げ箇所は、特にスプリングバックの影響が大きく、Rの精度や寸法を出すのが難しい形状でした。
戻る量を計算しながら曲げ、最後に1個ずつ丁寧に手直しで仕上げています。
両サイドには角穴があいており、切欠きと曲げ位置から近く変形しやすいため、こちらも事前に変形を考慮したブランク展開をして加工しました。

最初にU字曲げの根元を90°に曲げています。
この90°曲げが、その他の曲げに干渉して型が入らないため、その分の逃がしを考慮した型を設計しました。
曲げに使用した型は計15セットで、全て社内で設計し、製作しています。

44-2

展開図を見ると、U字曲げと丸め曲げが非常に近いことがわかります。

44-3

①部の根元を先に曲げてから、②部を丸めています。

44-4

完成形状の現物です。

担当者のコメント

この製品は工程数が多いばかりではなく、形状と材質によって、加工難易度が非常に高いものでした。
事前に曲げ順を決めるのはもちろんのこと、この工程の金型はどんな形状にするべきかなど、綿密な打ち合わせを行った後に加工に入りました。

今回の製品のように、複雑な形状で曲げ順や金型に工夫が必要な製品も、当社では数多く扱っております。
曲げ加工を熟知した作業者と設計者によって、製品に応じた加工方法・金型の設計など、柔軟な対応が可能になっています。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら