連続したL字スリットのクシバ形状を高精度に

連続したL字スリットのクシバ形状を高精度に
  • 材 質:

  • サイズ:

    30×30×10mm

  • 精 度:

    ±0.03

  • 個 数:

    5個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • ワイヤー放電で細く深い溝加工
  • 不安定な形状の加工
  • フライスで精密仕上げ

内容

連続したL字スリットをワイヤー放電で加工した事例です。
板厚10mm、スリット幅0.4mm、残り代0.6mmのL字スリットは全長24mmあり、さらにオープン形状となっている為、先端は保持されずフリーになっています。

ワイヤー放電のコアレス加工(渦巻き状に繰り広げる加工)を行ないスリットを仕上げていますが、通常の製品とは異なり形状が不安定なので、加工手順、加工条件には工夫が必要となります。
また、水流の強さを弱めにすることで製品が暴れるのを防いでいます。

加工箇所はシークレットとしますが、最終的な仕上げは汎用フライスにて行い、デジタルな機械加工では難しい箇所も熟練の技で仕上げ、完成に至っています。

45-2

溝の側面 残り代の0.6mm板厚は一定です。

担当者のコメント

今回のような形状は、ワイヤー放電加工機の利点を最大限に生かせた製品と言えます。
切削では不可能な形状や、剛性の無い不安定な形状でも、製品への抵抗を最小限に抑える事が出来る為、より自由度の高い加工ができます。
また、当社では汎用フライス・旋盤も所有し、少量な製品は治具レス加工にてスピーディに対応しています。

これらの設備を使いこなすことにより、当社での多品種少量短納期生産を可能としています。
ぜひ幅広い対応力の西野精器製作所にご相談ください。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら