2工程のレーザー加工でビード絞り製品のコストダウン

2工程のレーザー加工でビード絞り製品のコストダウン
  • 材 質:

    C1020

  • 板 厚:

    0.3mm

  • サイズ:

    8×10×18mm

  • 精 度:

    ±0.05mm

  • 個 数:

    200個

  • 納 期:

    10日

ポイント

  • ビード絞り金型と曲げ金型を社内製作
  • ファイバーレーザーによる2工程加工
  • 3種類の異なる曲げ内R

内容

今回の加工事例は、無酸素銅C1020のプレス部品です。
先端の3本に分かれる部分には、幅0.5mm、高さ0.3mmのビード絞り形状があります。
そのため3次元CADで絞り金型を設計し、社内のマシニングセンターで金型の加工を行いました。

この製品では、ファイバーレーザーの加工を2工程に分けている点が最大の特徴です。
1工程目は絞り前の外形切断ですが、これは20個分まとめて絞り加工を行う形状になっています。
絞り加工後、ファイバーレーザーの2工程目として製品の曲げブランクになる外形を切断します。

最初に製品の外形切断をした場合、1個1個絞り加工をすることになりますが、今回の製品は個数が比較的多いため、コストを考えてこのような2工程加工で製作することにしました。

ファイバーレーザーの2工程目加工を行った後は、曲げ工程に移ります。
大きく分けて3箇所の曲げがありますが、全て大きさの異なる曲げ内Rとなっています。
標準の市販金型のみでは加工ができないため、曲げのパンチ型も社内で設計、製作を行いました。

47-2

ビード絞り部の拡大写真です。

担当者のコメント

ビード絞りから曲げまで、加工に必要な金型を全て社内で設計、製作できるのは当社の強みだと思います。
工程や個数が多い今回の製品も、その強みを活かして短納期を実現させることができました。

当社では製品に合った加工方法を考え、効率的な作業を行う事を心掛けております。ぜひ当社へご相談ください。

お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら