会社概要 ⁄ 沿革

 

会社概要

社名 株式会社西野精器製作所
所在地
<本社>
〒312-0005
茨城県ひたちなか市新光町552-84
<Milling Center>
〒311-1251
茨城県ひたちなか市山崎56
設立 1968年 10月 1日
資本金 1,000万円
社員 77名(2019年4月1日現在)
業務内容 精密板金・溶接・スタッド・プレス少量生産(カメラ/自動車/コネクタ-など)・フライス・旋盤・複合切削加工・レ-ザ-パンチ加工・ワイヤー放電加工・表面処理(外注)・設計・組立
取引銀行 東日本銀行 常陽銀行 筑波銀行 足利銀行
株式会社西野精器製作 新光工場

株式会社西野精器製作 Milling Center

沿革

1957年 前会長が水戸市において医療器械の販売を始める
1968年 有限会社西野精器製作所設立、日立製作所東海工場より受注開始
1971年 旧勝田市馬渡に工場を移転
1972年 機械加工部門を新設
1977年 株式会社に組織変更
1985年 設備合理化のため、レーザー加工機械導入、日立製作所多賀工場より受注開始、資本金を増額し、1000万円とする
1987年 日立工機より受注開始
1988年 レーザー加工機械増設、キャノンより受注開始
1989年 社長交代、日立化成工業より受注開始
1991年 那珂湊市に取得した土地に機械加工部門工場新設
1993年 西野精器製作所企業使命感を創る
1995年 ひたちなか市山崎に工場を統合し本社とする
1997年 レーザーFMSを導入し無人化運転を実現
1999年 企業使命感を変更し、現在のものとする
2003年 ISO9001/2000を取得
2004年 マシニングセンターを2台導入し、作業工程合理化を図る
2005年 KES 環境マネジメントシステム・スタンダードステップ2取得
2006年 無酸化焼入炉導入
レーザー加工機更新。微細加工、板厚加工可能となる
2009年 2000のレーザー複合機をトルンプ製レーザーパンチへと更新し、自動化を目指す
2010年 マシニングセンター3台をアルミ専用加工機とし、運用を開始
2012年 海外販路開拓を目指し、欧州展示会に出展
ISO9001を更新
2013年 恒温の微細加工工場を建築
微細加工用ファイバーレーザー加工機を導入
完成品の納品業務効率化のため、工業団地内に専用の敷地を取得
2014年 初の海外受注
2019年 ひたちなか市に合理化工場建設のための土地を取得
優秀板金製品技能フェアにおいて日本塑性加工学会会長賞を2年連続受賞
2020年 合理化された新工場完成
お問い合わせ 製品に関する質問等ございましたら、お問い合わせください。

お電話でのご連絡はこちら

TEL:029-265-9595

メールでのお問い合わせはこちら